タグクラウド
人気ブログランキング

2008年10月25日

一番になる人 [著]つんく♂


久々に本を読みました。
「一番になる人」
ちょっと惹かれたのが、つんく♂が書いている本だということ。

で、、、内容はって言うと、なんていうかなー分類としては、ビジネス書?
芸能人が書いているけれど、芸能本ではないのです。

この本のなかには、つんく♂さんが、ただの青年から、業界で一番になっていく、までのいろんなエピソードがちりばめられています。
ちょっとした裏話、とかね。

それでいて、きちんと筋の通ったビジネス本なんだなぁ。

本質としては、平凡でも努力しだいで一番になれる。とか、自分を知る、とか。準備を怠らない、とか。
書いてあることは、フツーのビジネス書の平凡な内容ですが、、、ちゃんと入ってきます。
けっこうひらたく書いてあるから、わかりやすいのかな?

第一章に、妄想力の強い人になれ!という章があります。
ただの妄想ではありません、発展する妄想、実現する妄想なのです。

この章を読んでいて、思い出したことがあります。
昔勤めていた会社の、営業部長のお話です。

わたしは営業職ではなく、システムだったのですが、あるとき、営業部で必要なシステムの構築の遅れがでて、、、納期をきちんと決めろ!と説教されていたのです><

「まず、目標を定めるやろ?そこに行き着くための道をかんがえるんや。
ここまでいくのに、じぶんやったら、何が必要で、なにをする?

最短距離で目標までたどり着くには、大きな目標だけたててもだめなんや。

目標の手前に、区切りになる小さな目標をたくさん置いていく。
大きな目標のために、やらなければならないこと、をきちんと分析して、小さな目標として置く。
いつまでに、何をやるのか。
その一つ一つを、きちんとこなしていったらちゃんと大きな目標にたどり着く。

営業もシステムもそんなんいっしょや。漠然とした計画はイラン、何時までに何をやるか書いて来い」と。

まあ、まだ入社1年目かそこらだったので、そのときは、はい。はい。とうなづいていただけなのですが、、、^^;
だってあれがクリアできないからすすまへんねんってーー!って、心の中で言い訳しながらね。

このときのやり取りを、この本読んで、今頃思い出しました(遅いって)
いまさらだけど、会社で言われた、エライサンのコトバって、ちゃんと意味があったんだねえ、、、^^;

つんく♂さんのいう、妄想、はビジネスでいう、目標であり、計画、ですよね。
妄想なのに、具体的に実現するプロセスを分解するんですから。

ちょっと難しい理論とかばっかり書いたビジネス書より、つんく♂さんだからか、読み解きやすい、とっつきやすいビジネス書になっています。

子供をもったおかーさんっぽい見方をすれば、、、子供を育てるときの、ヒントにもなるかもしれません。
いろんな物事に、段取り、を教えるってことですよね。

自分のやりたいことをやるための道筋を詳しく考えることって、すごく楽しいですよね。
そういうクセをつけておけば、、、段取りもうまくならないかしら〜?

仕事はしないから、ビジネスなんて関係ないわ、っていう主婦のひとでも、読みやすいですよ。
そして、いろんな意味で参考になるんじゃないでしょうか?

こういうビジネス書ってそんなに売れないとか思ってたんだけど、、
私の手元にあるの本の最後をみてみると、、、

初版 2008/8/15
第5刷 2008/9/20

1ヶ月でもう第5刷なんだ、、、、。
けっこう、、、売れてますねw



posted by ゆっく at 09:39| Comment(17) | TrackBack(0) | ◎話題の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月08日

流星ワゴン



38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った。
僕らは、友達になれるだろうか?
死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか?「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。




さて、この本
まだ読んでません。
さっきTVで紹介されてたんです。
よみたい!ぜひとも!!!

というわけで、読んだらまたレポートしますね♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

というわけで改めまして、レポです。

泣きました。
頭痛くなるくらい、、、><

主人公の人の人生もさることながら、、、のせてくれるワゴンの親子もすごく、、、いい!っていうか泣けるー

世の中の理不尽さを感じながら、あれよあれよというまに、最後まで読みきっちゃいました。

何箇所も泣けるとこがあって、、、
テーマは親子、なんだろうなー結局、3組の親子(父子)の話がいりまじり、、、、泣けるけど、あったかい。あったかいけど、切ないね、、、、、、、、。とっても。
posted by ゆっく at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ◎話題の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

西の魔女が死んだ [著]梨木香歩









「西の魔女」とは、主人公の少女・まいの祖母のこと。
学校へ行けない”まい”は、田舎の祖母のところで生活することに。
まいは、祖母の家系が魔女の血筋なのだと聞かされる。
祖母のいう魔女とは、代々草木についての知識を受け継ぎ、物事の先を見通す不思議な能力を持つ人だと知る。
まいは自分も魔女になりたいと願い、「魔女修行」を始める。

魔女と、スローライフ。
学校に行けない少女。
修行の肝心かなめは、、、、、

たくさんの人が、そうしてきたように、少女まいは、成長していく。

そして、西の魔女は、まいへの決定的なメッセージをのこしていくのだ。

現代の、少女たちの抱える不安とか、現実的なイメージと、大草原の小さな家、のようなお話の中にしか出てこないようなスローライフがないまぜ。

その端々に、素敵な西の魔女の魔法が、潜んでる。
そんな気がする、1冊です。


自分の中学時代を思い出しちゃった。
まい、ほどではないにしろ、あまり楽しくはなかった学校生活とか。
大人へと向かういろいろな精神的な過程とか。

実際に今の中学生が読んだら、どう思うのかな。
読んでみてほしい1冊です。
posted by ゆっく at 09:51| Comment(6) | TrackBack(0) | ◎話題の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

邪魅の雫 [著]京極夏彦





出版社/著者からの内容紹介
「殺してやろう」「死のうかな」「殺したよ」「殺されて仕舞いました」「俺は人殺しなんだ」「死んだのか」「──自首してください」「死ねばお終いなのだ」「ひとごろしは報いを受けねばならない」昭和二十八年夏。江戸川、大磯、平塚と連鎖するかのように毒殺死体が続々と。警察も手を拱く中、ついにあの男が登場する! 「邪なことをすると──死ぬよ」












でた。文庫本がw
そして、まだよめてません^^;
えーん、どんどんたまっていくぞ〜〜^_^;
感想は読んだら後ほど、、、すみません更新遅くて〜



posted by ゆっく at 07:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 京極夏彦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

天使の卵 [著]村山由佳



まず表紙に魅かれたの。んでもって、この本を読んで村山由佳にはまったのです。

19歳の画家志望の予備校生、歩太と8歳年上の精神科医、春妃の恋愛物語です。

こんど映画化なんだってね〜
てんたまのテンプレートまで出てたので、つい。
思い出して掲載。

感想文になってない?だってこれ読んだの、もう5年以上まえなんだもの〜
読み直したら、かきなおすわw
posted by ゆっく at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 村山由佳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月21日

TSUTAYA”オンラインでDVDを借りる!”


←こんなのありますw
最近CMもやってるからしってるかな〜?

便利ですよ。今ならおトクだしw
見たいDVDを、自宅に配送してくれて、最寄のTUTAYAに返却!(^^)!
ねね、借りにいかなくても、OKw返却はしなくちゃだけど?w
posted by ゆっく at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ☆香澄が原について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

塗仏の宴-宴の支度- [著]京極夏彦



やっとのことで半分です。

なかなか奇妙でいいです。
頭の中で、時間経過とか、人物とか把握しにくいですが、、、
それさえも京極ワールド(^_^;)
この迷路のようないろんなハナシがいっぺんに読めちゃうような、そんでもってやっぱりつながってたのね、みたいな、、、
異次元空間を文章で体感させられる感じです。

さー後半もがんばって読もう、、、なんちゅっても、毎度のことながら、980ページもあったらなかなかすすみませんわ〜京極様(゜-゜)

posted by ゆっく at 14:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 京極夏彦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月01日

みぽりんのえくぼ 岡田典子[文]岡田美穂[絵]



白血病克服の後、脳腫瘍のため、中学生までしか生きられなかったみぽりんの、入院生活や家族とのいろいろを書き綴った日記のようなお母さんの手記です。
みぽりんが亡くなるまえまでに、描き続けたイラストが、たくさんのっています。
すごく良く観察して描いているなぁとか、入院中の、みぽりんのキモチが伝わってくるような絵がたくさんです。

中学生なのに、死を悟っているような、そういうみぽりんのやさしい行動が、いちいち泣けてしまいます。
おかあさんも、おとうさんも、おねえちゃんも、つらかったろうなぁ。

最後のほうはもう涙でちゃんと読めなかったよ;;
posted by ゆっく at 08:58| Comment(1) | TrackBack(4) | ◎話題の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

さいはての二人 鷺沢萠[著]


鷺沢さんの晩年の作品の中には、良く”死”がでてくるなぁ、、とちょっとしんみりしながらよみました。

人情話という括りで解説の北上次郎さんは書いておられるけれども、この人情話、という切なくて泣ける話のなかに、なにか言葉で言い表せない、深いもの、がとてもたくさん、詰まっているような気がします。

対人関係というのは、いろんなかかわり方があるのだなぁとか
結局、本人にしかわからないこと、というのは、最後まであるんだなぁ、とか。

最後の最後の、”救い”のような結末は、鷺沢さんの、やさしさ、だろうか。
posted by ゆっく at 08:26| Comment(0) | TrackBack(1) | 鷺沢萠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月23日

失恋 鷺沢萠[著]

毎度のことながら、泣ける
失恋、というタイトルに、もちろん泣けるであろうことは予想できたけれど。

4作の短編で構成されている。

「欲望」「安い涙」「記憶」「遅刻」

「欲望」は、他人の人生を、遠くからながめながら、自分のことのようにつらく感じる、錯覚に陥る。
読み終わっても、、、なんだか喪失感が重くのしかかってくる。
主人公の人生は、そんなに悪くはない、、、とおもう。
ただ、中に描かれている、主人公の友人の人生が、それにかかわる人々の気持ちが、重くのしかかる。
わびしい、というか、切ない、というか、、、、

4作ともに、失恋をテーマにかかれているものの、失恋、と聞いて想像するストーリーとはなんだかかけ離れている、、、いや、視点がちがう、というのかな。

甘酸っぱくはないけれど、どれもココロに染みる作品です
posted by ゆっく at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 鷺沢萠 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。