タグクラウド
人気ブログランキング

2008年09月08日

流星ワゴン



38歳、秋。ある日、僕と同い歳の父親に出逢った。
僕らは、友達になれるだろうか?
死んじゃってもいいかなあ、もう……。38歳・秋。その夜、僕は、5年前に交通事故死した父子の乗る不思議なワゴンに拾われた。そして自分と同い歳の父親に出逢った。時空を超えてワゴンがめぐる、人生の岐路になった場所への旅。やり直しは、叶えられるのか?「本の雑誌」年間ベスト1に輝いた傑作。




さて、この本
まだ読んでません。
さっきTVで紹介されてたんです。
よみたい!ぜひとも!!!

というわけで、読んだらまたレポートしますね♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

というわけで改めまして、レポです。

泣きました。
頭痛くなるくらい、、、><

主人公の人の人生もさることながら、、、のせてくれるワゴンの親子もすごく、、、いい!っていうか泣けるー

世の中の理不尽さを感じながら、あれよあれよというまに、最後まで読みきっちゃいました。

何箇所も泣けるとこがあって、、、
テーマは親子、なんだろうなー結局、3組の親子(父子)の話がいりまじり、、、、泣けるけど、あったかい。あったかいけど、切ないね、、、、、、、、。とっても。
posted by ゆっく at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ◎話題の本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。
突然、コメントすみませんm(__)m

流星ワゴン、すらすら読めて重松さんの中では読みやすくてよかったです♪
もう一組出てくる親子がすごく素敵ですよ★
Posted by かな at 2007年02月15日 17:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33750166

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。